• お父ちゃんが作った子どもの為のタマゴ|公式サイト 郡山市の求人やグルメ、ランチ、居酒屋、幼稚園、美容室、ネイルサロンやエステ・住宅・不動産・パートアルバイト・イベント情報サイトです。
画像1

準備中

画像2

準備中

画像3

準備中

お友達店舗

福島県で唯一の爬虫類専門店です!皆さんのイメージとはちょっと違ったエキゾチックアニマルの世界を是非観に来てくださいね!
福島県で唯一の爬虫類専門店です!皆さんのイメージとはちょっと違ったエキゾチックアニマルの世界を是非観に来てくださいね!
当ジムでは、楽しい→結果的に痩せる事1つに全精力を賭けています。入会のタイミングが合えばガッツリ頑張っていきましょう!!
当ジムでは、楽しい→結果的に痩せる事1つに全精力を賭けています。入会のタイミングが合えばガッツリ頑張っていきましょう!!

ピックアップニュース

2019.02.10

養鶏と発酵エサ

昨日はお試しタマゴ無料プレゼントのご応募ありがとうございました~!

飛べないニワトリのタマゴが飛ぶように消えていき変な感じですがありがたいです。

ひき続きタマゴお試し無料プレゼントを実施していますので、ドンドンご応募くださいませ。

数に限りが御座いますが、出来るだけ多くの方に食べて頂きたいので5個以上~10個未満でお届け致します。

お問い合わせ

携帯電話09029565432
固定電話0249536149



写真は今日のエサシーンです☆

まわりの原っぱは枯れていますが、ニワトリの発酵糞を撒いている原っぱはいまだにカラスノエンドウが青々としげっています。

養鶏用語で『緑餌』というのですが、この草がタマゴの黄身に鮮やかさを出します。

緑餌を食べたニワトリの糞は鳥の糞でイメージするベチャベチャな糞ではなく、モリモリとした糞になります。

この糞を毎日土と混ぜて発酵させると土壌菌によって分解が進み匂いが全くなくなり、発酵熱で自然の床暖房となります。

よく養鶏の本を読んでいると発酵エサは糞の匂いを軽減すると書いてあり、残飯に米ぬかを混ぜて発酵させたものをエサとして与えたりするとありますが私はそういうことはしません。

・もし野生のニワトリが居たなら発酵エサを作り出せないから

自然のまま育てたいので自然界ではありえないことはしないという理由があります。

ただし、ニワトリは消化を助けるために発酵した土を食べたり落ち葉を食べて、酵母菌を摂取するというのがあるので落ち葉や枯草を集めて腐葉土を作り、床材として敷き詰めています。

病気にかかるか掛からないか?これは100%土にかかっています。

人間のようにお風呂やシャワーが無いニワトリは、清潔さを保つ術として毛づくろいの意味で砂浴びや泥浴びをしますので、清潔を保てるかどうかは床土でしかありません。

この土が汚いと病気になったりするのはごく当然のことなのです。

究極に自然に近づけて勝手に育つ環境を整え、自然のまま産まれてくるタマゴを食べる。

これが私のやりたい養鶏であり、食べて貰いたいタマゴです。

楽しいよ 笑